『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』良かったと思う。

面白いといいつつ、昨日は危うく忘れそうになった『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』

あらためてサイトを見ると
「救いようのない世界。それでも、救いたい人がいる。」との題字とは余りリンク
していなかったようには思う。

ただ最近のおとなしめの刑事ドラマの中ではアクションなど楽しめた。
テロをテーマにしていたわりにはクレームなどなかったのだろうか?

細かいことを言えばそれぞれのお話がぶつ切れ感が強く、平成維新軍とかいう
組織も別に壊滅には至ってなかったような気もするがそういう丁寧な物語作りは
勘弁してよ、ということだろうか。

アクションエンターテインメントということだそうなので。

そんな最終回、おそらくは彼らはモヤッとしながらも事件を解決。
思惑はありつつも今後もテロに立ち向かう、みたいな終わり方だろうなと思っていたが
意外や意外。

ミイラ取りがミイラになるってことだったんですかねえ。

それも視聴者のご想像にお任せしますってことで。

結局、国家というものは醜い、そんなことを揶揄していたのかなあ。

ちょっと国家となるとスケールが大きすぎてね、身近な会社とかそういう組織の
醜さをあからさまに揶揄するような内容だったら違った面白さもあるのかもね。

なんにせよ最近ドラマ離れな僕には結構な良作でした。

7月スタートのドラマははたして視るだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
よろしければランキング応援ポチっとよろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

comment

Secret

No title

終わり方は予想外で良かったです!
テロ収束で今後も国家を守っていこうで終わるのが一般的だと思ったのですが真逆でしたからドラマとしてはいい作りだと感じました。

ただ復讐しようとした結城が総理の息子に銃を突き付けておきながら引き金を引かなかったのはあり得んだろと思いました。

Re: No title

クロスパールさん、こんばんは。
今回は人が不信感から壊れていく様をつづったブラックな内容でしたね。

引き金を引かないのは後の展開上、しょうがないですね。
この辺はパターンどころですが撃つケースのほうが少ないですね。

まあそもそも脱柵なんてせずにスマートにアメリカに行ってやっちゃえば
いいじゃんってところですが(笑
それを言っちゃおしまいということで。
プロフィール

ゼロ

Author:ゼロ
このブログも4年目に突入。
40も半ばを過ぎ変化もない日常ですが
日々感じたことや生活記録を綴っていきます。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
ブロとも一覧

【ぐうたら】とりあえず41歳でリタイアした【無職】
PR
ビックカメラ.com     楽天市場
PR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示