若手の教育とは。

かつて新卒だったころ、ろくに教育などなかった。

ただ、やってくれとか盗め、ぐらいなもので放置状態。
頼む本人に技術などないから手伝ってくれる訳もなく、もともとある資料や
成果物を必死こいてみたっけ、いや見るしかなかった。

今にして思えばこの無責任ぶりのおかげで自分でやるしかなく、
また運よくできたから今の僕があるのだろう。

当時はなんも教育してもらってないって愚痴ったけどね。

そして今、環境は変わり、会社では育てようということを命題にする。
あれだけ放置していたのにな。

ただその教育をちょうど我々ぐらいの中堅どころにこれまた押し付けてくるのだが、
これまた困った。

教育なんてろくすっぽしてもらってない、自己流でなんとかしてきた者ばかり、
ガイドラインなんてまったくないのだ。

しかもなまじ技術があるもんだから若手にやらせるぐらいならこっちでやった
ほうが早いと若手に押し付けることさえしない。

ほんとの意味での若手は放置状態となるのだ。
仕事が与えてもらえない。

これじゃあ育つわけもないね。

これは僕の周りでの出来事、他の会社ではどうなんだろうか?

もし同じようなら若手は全く育たず、僕らが定年でごそっといなくなるような
年代になったら大変なことになるだろうね。
関連記事
スポンサーサイト
よろしければランキング応援ポチっとよろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

comment

Secret

No title

小さい会社の場合は教育の余裕がないことも多いですね。
技術のある中途採用を多くしたほうが効率良さそうです。

Re: No title

招き猫の右手さん、こんばんは。
当然中途が多くなりますね。
そこに若返りを求めたりするから厄介なことになるんですよねえ。

No title

今は、教える以前に採用を限りなく絞っているじゃん!
って愚痴がでている業界も多そう。
教える以前の問題ですやね。

Re: No title

煙々さん、こんばんは。
中小だと絞るがゆえにまばらに入ってきて教育も
おぼつかないという実態もあるのでしょうね。
将来を見越した採用というのも必要ですね。
プロフィール

ゼロ

Author:ゼロ
このブログも4年目に突入。
40も半ばを過ぎ変化もない日常ですが
日々感じたことや生活記録を綴っていきます。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
最新トラックバック
ブロとも一覧

【ぐうたら】とりあえず41歳でリタイアした【無職】
PR
ビックカメラ.com     楽天市場
PR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示