同期の縁~大学生編④~

大学生編③の続き


4年生にもなると就職活動。

いや、なる前には当時だと大量の就職関連の冊子がおくられてくるという事態。
ネット社会の今はどうなのだろうか。


前から書いている通り、僕には同期の友人がいなかったため就職活動に関する
話題は皆無、当然相談もなし。

ここで少しでも情報交換でもしていたら人生は少し変わったのだろうか。


というわけで全て自己判断。


行こうと思ったのは「IT関連」、当時はITなんて言葉はなかったような気もする。


理由は至極単純でパソコンに向かいプログラムコードを入力することが好きだったから。

でも家にパソコンなんて無くて知り合いの家に行ったときだけだったんだけど。

これは今で言うとプログラマーという範疇で、年齢を経るとシステムエンジニアという
プログラムを組む作業とは縁遠い職務が与えられるということは当時は知らないこと。

当時は黙々と机に向かってできる仕事で自分には向いていると思ったのだ。

他人とのコミュニケーションも余りないだろうとも思った。

でも甘かったね。


職種は決まった、じゃあどんなところにしようか。


倒産は嫌だと思った、当たり前だけど。

だったらシステム会社でもしっかりした親会社がある子会社なら倒産はないだろう。


しっかりしていてもいろんな地域に支社がある会社は嫌だ、転勤は避けたい。

地域密着型の企業がいいだろう。


場所はなるべく近いところがよいな。

大学時代はなにせ昼頃に行く始末で朝からの授業は嫌だった。

必須の語学の授業はやむを得ず出席したが朝の満員電車など辛かった。

社会人になってこれが毎日続く?耐えられない。

近いところなら通勤負担が減る、朝はもちろんだが夜残業があっても早く家に帰れる。


働くということに夢も希望もない、かなり不純な動機だった。


不純な動機は動機なりにもう少し仕事内容も考えるべきだったと今にすると思う。

仕事内容によってはせっかくめでたくこの動機にマッチした会社に入社できてもひっくり返る
可能性だってあるのだ。


そういう意味では自分の判断だけでなく相談できる同期がいてくれればよかったなと思う。


でも、もう過去のことだ、このポリシーで就職活動を始めてしまった。


次回は実際の就職活動について。
関連記事
スポンサーサイト
よろしければランキング応援ポチっとよろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

comment

Secret

No title

不純といっても動機があるだけいいんじゃないですか。
僕なんて不純どころか動機がありませんでした。
なので食っていくために仕方なしに就職した感じです。

Re: No title

招き猫の右手さん、こんばんは。
僕の場合は自分の時間を得るというのがかなりウェイトを
しめていましたね。
今でも行動の基本は時間に縛られないということですかね。
プロフィール

ゼロ

Author:ゼロ
このブログも4年目に突入。
40も半ばを過ぎ変化もない日常ですが
日々感じたことや生活記録を綴っていきます。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
最新トラックバック
ブロとも一覧

【ぐうたら】とりあえず41歳でリタイアした【無職】
PR
ビックカメラ.com     楽天市場
PR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示