こんなラーメン屋、行きたくない。

数年前、東京は渋谷、幡ヶ谷という所にあるラーメン屋に行った時のお話。

幡ヶ谷なんて用事はなく、まさにこのラーメン屋に行くのが目的だった。

このラーメン屋は食べ終わった器をカウンターの上に戻すというのがルールだったが
僕はそれを忘れて店を出ようとした時に、店員さんにそのことを軽く言われた。

僕もうっかりしていた、あわてて器を戻したのだが、その時にミスをした。

グラスを戻し忘れたのだ。

すると店主がこう言った。


「グラスもだろ!」


えっ?なんですって?聞き間違い?「だろ!」って・・・


こちらが忘れたことなので恐縮しながらグラスを戻したが、なんかもやっとした。


飲食店で「だろ!」というような言動は後にも先にもあの時だけである。


美味いラーメンを作るよりまずは勉強することがあるのではないか?
どんなに美味いラーメンを食べたとしても、こんな接客をされたら台無しである。

ただ、店員だからといって別に極端に客に媚びへつらう必要はないがな。

わざわざ幡ヶ谷というところまで足を運んでの扱い、がっかりしながら帰った記憶がある。

そして幡ヶ谷には「不如帰」(今は「金色不如帰」と改名した。)というお店もあり、
こっちにしておけばと後悔した。


普通ならこんな出来事も時が経てば忘れるのだが、この店主がたまにテレビや雑誌に
登場するのを見かけるのだ。

つい先日も情報誌で彼を見かけた。

その中でとてもニコニコしている彼をみると、「仮面かぶってんな~こいつ」
思うと共に、過去の忌まわしい記憶が蘇るのである。
関連記事
スポンサーサイト
よろしければランキング応援ポチっとよろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

comment

Secret

No title

なんか知らないけど、ラーメン屋ってガンコで態度が悪い、っていうのが一つの売りみたいな場合もありますよね。
おそらく佐野氏あたりからそういう傾向があるのかな。

僕もどんなに美味しくてもそんな店は行きたくありませんね。

てか、上げ下げを強要されるなんて、それだったら自分でメシ作ったほうが何倍もマシですw

Re: No title

招き猫の右手さん、こんばんは。
雑誌でも腕を組むスタイルで写真を撮ったりしていますね。
僕自身、こんな店に行ったのは初めてだったので
ほとんどの店は良心的であることを祈ります。
プロフィール

ゼロ

Author:ゼロ
このブログも4年目に突入。
40も半ばを過ぎ変化もない日常ですが
日々感じたことや生活記録を綴っていきます。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
最新トラックバック
ブロとも一覧

【ぐうたら】とりあえず41歳でリタイアした【無職】
PR
ビックカメラ.com     楽天市場
PR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示