処世術がゼロ

時折、記事にて「テレビがつまらない」と書いている。

特に芸人が視聴者を笑わそうと何か言ったり、リアクションするのだが、
芸人であるほどにつまらない。
あきらかに「何かやるな、こいつ」という空気がわかってしまうから。

これなら他の芸人にカテゴリーされないタレントの方がまだましだなと思うとともに、
こういう芸人のリアクションに笑う観客、スタッフにも違和感を感じてしまう。

「これが面白い?」

そして最近、こういう感情がテレビならまだしも日常生活にも波及している。

特に取引先との打ち合わせや飲み会などで場を和ませようとしている、もしくは笑いを
とりに言っている方の言動が笑えない。

もっとも、そこに臨む僕のスタンスがネガティブに向いているのもあるのかもな。

さすがにテレビと違い、しゃべる人間が目の前にいる手前、スルーするわけにもいかず
精一杯の作り笑いはするのだが。

ところがこういう言動に大笑いする人がいるんだな、正直驚きである。

内心で、
「えっこれが本当に面白いと思ってる?」
「笑えばいいと思ってない?」

と彼の心を疑ってしまう。

ただ笑われたほうは提供したネタに反応してくれてまんざらでもない感じ。

彼の本心はわからない、もしつまらなかったとしても過剰に笑うふりをしていて、
喜びを与えているのなら、これが処世術というやつだろうか。

だとしたら僕はやはり集団行動には向かないようだ。
関連記事
スポンサーサイト
よろしければランキング応援ポチっとよろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

comment

Secret

No title

とりあえず笑ってあげているんでしょうね。。。
サラリーマンとしての処世術か。

僕も営業だけあって、相手にあわせて笑えるようになりました。
それがいいのか悪いのか。

Re: No title

招き猫の右手さん、こんばんは。
その場で笑う、いいことだと思いますよ。
僕は笑えませんね、いっそそんな場所に呼ばないでほしいです。
プロフィール

ゼロ

Author:ゼロ
このブログも4年目に突入。
40も半ばを過ぎ変化もない日常ですが
日々感じたことや生活記録を綴っていきます。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
最新トラックバック
ブロとも一覧

【ぐうたら】とりあえず41歳でリタイアした【無職】
PR
ビックカメラ.com     楽天市場
PR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示