チャレンジ度がゼロ

もう5月も終わり。

「査定」が終わった、いやこれからという方も多いのではないだろうか。

そして、この「査定」の場でよく言われるのが「チャレンジ」

「何か新しいことにチャレンジしなさい」というものである。
これからの新しい知識を得てくれといった感じ。

僕もいまだに言われるが、正直いってこの年齢でチャレンジも何もない。

リタイアを夢見ている人間にとって会社はいかに平凡に生きれればぐらいなのだ。
それにチャレンジしたところで待遇が飛躍的に変わるものでもない。

むしろ、このチャレンジは下手に踏み込むと日々の生活に大きな支障を来たす。

新しい物事に取り組むのだ。
社内で誰も知る者はいない、よって自分で調べなければならない。
まあ、それがチャレンジだけどね。

その結果、めでたく実を結んだとしよう。

仕事に直結するようなチャレンジの場合、当たり前だが自分しかできるものはいない。
すると、それに関する仕事が全て襲い掛かってくることになる。
何も考えずに「○○と言えば○○君」かなりの負担である。

そうしたある時、この知識を若い者に教育してくれと言う。

「はあ~?」である。

チャレンジと称して誰もいない中、必死に得たものを今度は簡単に教えてやれと?

「自己啓発でやらせてはいかが?」と提案する。

そうすると

「彼は教えないとできないから」
「他の人が覚えないといつまでも君だけがやることになっちゃうよ」


と言われ、またまた「はあ~?」である。

特に2つ目の言動はかなり響く、そういう風に仕向けたのは誰だっけ?という話である。

こういう展開になるとわかっているから「チャレンジ」など得なことはない。

「チャレンジ」もう勘弁していただきたい。
関連記事
スポンサーサイト
よろしければランキング応援ポチっとよろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

comment

Secret

No title

完全に会社側に都合のいいチャレンジですね。
まず何かを覚えさせるのを率先してやらせ、さらに他の人にも教えろとか。
もちろんそれが評価されて年収が倍になるんだったらいいけど、そんなこともないですしね。
適当に受け流すのが吉でしょう。

No title

チャレンジって^^;
労働者にとって何のメリットもないですよね。何か具体的なメリットを提示してもらわないととてもやる気にはなれません。

Re: No title

招き猫の右手さん、こんばんは。
チャレンジさせるならそれ相応の対価が欲しいですよね。
チャレンジだけ押し付けられても無理な話です。

Re: No title

クロスパールさん、こんばんは。
ほんとに餌がないですからね、それなのにチャレンジを求めてくる。
もっともリタイアなんて考えていると餌があっても響きませんが^^
プロフィール

ゼロ

Author:ゼロ
このブログも4年目に突入。
40も半ばを過ぎ変化もない日常ですが
日々感じたことや生活記録を綴っていきます。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
最新トラックバック
ブロとも一覧

【ぐうたら】とりあえず41歳でリタイアした【無職】
PR
ビックカメラ.com     楽天市場
PR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示