火花を読んでみたが。

「火花」を遅まきながら読んだ。

僕は読むつもりはなかったが、家族が購入したのでせっかくだからということで。

ちなみに僕はこういった芥川賞やら、直木賞などの文学作品を読んだことはない。
お堅い文章なのかなというイメージがあって読む気がしなかったのだ。

で、個人的な感想。

まあイメージどおりと言ったらいいのか文学的な表現がやたらに多い気がする。
文学作品がこういう手法を多用するのが当たり前なのかはわからない。

今回、火花って結構売れているよね。
これだけ売れたってことは普段、本なんて読まないって人も話題性で買っている人も
多く、仮に読んでいてもこういう文学作品に触れている人って多くはないのでは
ないかなと。

僕は全く本は読まないわけではないけどちょっと食傷気味。
これが日頃から文学作品に触れている人が読んだら、この表現は素晴らしい、面白いとか
いう評価ができるんだろう。

そして、あらすじでも紹介されているが物語には芸人が登場する。
ということで芸人通しのネタ的な会話がある。
テレビ番組でも時々視かけるような会話なのだが、これが僕には笑えない。

もっとも火花が悪いのではない。
僕自身がテレビで視ていて面白いと思えないのだからこれは仕方がない。
ある程度は火花で語られる笑いのセンスに共感できないと面白さを味わえない気がした。

登場人物は又吉さんの分身であり、彼の口や感情を通して又吉さんの思いを代弁させて
いるんだろうなと思った。

物語は彼の日常を通しての思いで淡々と進んでいく。
ページが終わりになるにつれ、どういう形で締めるのか気になってしまった。
最後は余韻を残した?感じなのかな?文学作品ってこういう終わり方が当たり前?
なにやらモヤっとした感じで読み終わった。

結局、僕としては「面白くなかった、なんかよくわからん。」ということで落ち着く。

あくまで日常で文学作品を読まずに、文学作品の面白さを理解できていない僕の意見。
たぶん文学作品って表現手法や登場人物の心の動きなどを読み取るとかレベルが
高いものが要求されるんじゃないかな。

とりあえず、興味でもう一つの芥川賞である「スクラップ・アンド・ビルド」を読んでみたくは
なったけどね、やっぱり表現などは同じ感じなのかと。

ただ僕は、サスペンスやトリックなどを扱ったような小説のほうがいいかな。
関連記事
スポンサーサイト
よろしければランキング応援ポチっとよろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

comment

Secret

No title

私は日本の作家の本は殆ど読みません。外国のSFやファンタジー、推理物ばかり読んでいるのでそもそも日本文学とは無縁ですね。
ヒューゴー賞やネビュラ賞の受賞作品はいっぱい読んでますが、日本の文学賞を取った作品は読まないですねぇ・・。

Re: No title

砂希さん、こんばんは。
僕も初めてです。
なんか高校の教科書とか受験ででてきそうな文章です。
登場人物の心情を推し量れみたいな問題がもろにでそうです。

No title

本屋でちらっと見たのですが最初からいまいち興味がわかなくてそのまま読んでません。文学ものってこういうものなのかなって思いました。

No title

僕の文学は夏目漱石で止まっています。
ほとんど読んだ事がないんですよね。
なんでだろう。。。

Re: No title

クロスパールさん、こんばんは。
おそらく多くの人がそう感じるかもしれないですね。
ちゃんとわかる人ならまっとうな評価ができると思うのですが・・・

Re: No title

招き猫の右手さん、こんばんは。
僕は夏目漱石の本は買いましたが、途中で挫折しましたね。
そういえばなんとなく体裁は似ているかもしれない・・・
プロフィール

ゼロ

Author:ゼロ
このブログも4年目に突入。
40も半ばを過ぎ変化もない日常ですが
日々感じたことや生活記録を綴っていきます。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
最新トラックバック
ブロとも一覧

【ぐうたら】とりあえず41歳でリタイアした【無職】
PR
ビックカメラ.com     楽天市場
PR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示