年賀状という習慣-後編

昨日に続いて年賀状の後編。

もらって嬉しい年賀状だが、やはり微妙なのがお子様の年賀状。

いや、親類とかならいいんだ、この子には会うこともあるだろうし、会えばお小遣いを
あげたりもする間柄。

そんな子が成長していく姿を見るのは悪くもなく感慨深い。

ただどうなんだろう、会ったこともない子供の写真を見てどう思えばいい。

子供好きならいいだろう、しかし僕は子供が嫌いというわけでもないが大好きでもない。
そして僕が興味があるのは年賀状をくれる主であってその旦那(嫁)や家族ではない。

しかも僕なんて独り者だし、そんな年賀状を「ふぅん」ってぐらいで見ればいいけど子供が
できなくてひそかに悩んでいる方だっているはずだ。
そんな人にしてみればどうなんだろうね。
気にしないって方もいるだろうが、やはり気にする方はいるはずだ。

そういうことを言っているときりがないけど、僕は子供の写真だけを送るよりは家族の
写真を送って欲しいね。
まあそういう家族もいるにはいるんだけどね。

そうすればお目当ての主の様子も見ることができて、こちらとしては懐かしくもあり、
満足するのだ。

とはいえ僕もこんな歳になり、年賀状をくれる友人の子供もまた成長するわけでだんだん
年賀状から姿を消してきた。

そりゃそうだよね、小学校も卒業すれば自分が出す年賀状でもないのに写真を入れられる
なんて余り望むべくもないだろう、僕だったら断固拒否だね。

親としちゃあそういうところで子供が成長してしまったと感じるんだろうな。

さて来年は何枚のそんな年賀状を見ることになるのかな。
関連記事
スポンサーサイト
よろしければランキング応援ポチっとよろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

comment

Secret

プロフィール

ゼロ

Author:ゼロ
このブログも4年目に突入。
40も半ばを過ぎ変化もない日常ですが
日々感じたことや生活記録を綴っていきます。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
最新トラックバック
ブロとも一覧

【ぐうたら】とりあえず41歳でリタイアした【無職】
PR
ビックカメラ.com     楽天市場
PR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示